2日間にわたり、広島市と福山市で開催したチャリティーサッカースクールin広島。

2日目の午後だけは小雨が降る中となりましたが、天候に恵まれ、素晴らしい時間を過ごす事が出来ました。

7月の豪雨災害が起きてから、広島を想い、考え、発起人の橋本選手、サカママディレクターの堤さんと準備をしてきました。

2日間でたくさんの選手も参加してくれました。
そして何よりたくさんの子供達の笑顔を見る事が出来ました。

今回は自分をはじめ、広島を離れている選手を中心に声をかけましたが、みんなの広島に対する想いは昔と変わらず強かったです。

また、今回はお好み焼きを子供達にふるまって頂いたオタフクソースさんをはじめ、たくさんの企業、支援者の方々がこの会を支えてくれました。
ありがとうございました。

また来年も継続して活動出来るよう、選手はそれぞれの場所で頑張りたいと思います。

集まった支援金は広島テレビの広テレピッピ募金へ寄付する事になっているのですが、今日の昼過ぎに広島テレビの社屋にて贈呈式をおこないました。

ご協力頂きありがとうございました。